Pocket

北大遺伝子病制御研究所藤田恭之教授
藤田恭之教授
北大遺伝子病制御研究所

健康ときれいとらいくゆう by Amazon

がん予防薬なるか 化学物質「VC1-8」

体内でがん細胞に変化するかもしれない「前がん細胞」を、
まわりの正常細胞が攻撃、排除する機能を高める化学物質を、

北海道大研究グループが、
イヌなどの細胞を使った実験で発見した。

がん予防薬の開発につながる可能性があり、
英科学誌電子版に発表した。
 
 

北大藤田教授研究チーム さらに実験を継続

発見したのは、
北大遺伝子病制御研究所の
藤田恭之教授(分子腫瘍学)の研究チーム。
 
イヌの培養細胞を人為的に前がん細胞に変化させ、
その周囲にある正常細胞に約1万種の抗生物質などを投与、
それぞれ効果をしらべた。

この結果、
抗生物質を改造した化学物質「VC1-8」が、

正常細胞への副作用がすくないうえ、
前がん細胞への攻撃力を高める効果が大きかったという。
 
研究チームはこれからも、
さらに効果が高い化学物質がないか実験をすすめる。
 
 

製薬化 狙い撃ち手法の確立も目指す

また、製薬化にむけ、
薬品投与時の副作用を最小限におさえるために、

「前がん細胞だけ」を、狙い撃ちする手法の確立もめざしている。
 
 



参照:ZAKZAKほか