Pocket

卵子若返り臨床研究承認
卵子若返り臨床研究承認

美顔器の常識を塗り替えます!!
 

「ミトコンドリア自家移植」日本産科婦人科学会が承認 2015年12月

不妊治療の成功率改善のため、
「ミトコンドリア自家移植」と呼ばれる技術の臨床研究を、
日本産科婦人科学会が、12日承認した。

「ミトコンドリア自家移植」は、
不妊治療の成功率改善の可能性がある技術だ。

 

海外:200件の実施例で20例以上出産

体外受精は、
対象者の年齢が高いほど成功率が下がる傾向にあるが、

その原因として指摘されているのが卵子の「老化」。

しかし、

「卵子の老化速度を遅らせる」ことはできても、
「卵子の若返り」は不可能、とされてきた。

 

「ミトコンドリア自家移植」は不可能を可能にし、
卵子を“若返らせる”ということで、

海外では、
およそ200件の実施例で、
20例以上の出産につながっているそうだ。

 

体外受精時に卵巣から取り出した卵子幹細胞のミトコンドリアを、
精子とともに卵子に注入。

その結果、卵子を“若返らせる”という。

 

この技術で妊娠・出産する割合が実際に高まるかどうか
これからの臨床研究で検証されることになる。

 

多くの不妊に悩むかたがたにとって、
朗報の検証結果が待たれる。




参照:TBS系(JNN) 12月13日(日)配信ほか