Pocket

心筋梗塞痛み4L
 

 

心筋梗塞の痛みはどれくらい? 体験者は・・・

狭心症の痛みも強く出ることはありますが、
 
心筋梗塞での痛みの度合いは、
「人の感じうる極限の痛さ」といわれるほどです。
 
しかもそれが15分以上つづきます。

 
 
体験者は、
 
「ふいに太い針を打ち込まれ、奈落に落ちるような恐怖をともなう激痛」
 
「心臓が爆発したような痛さ」
 
「胸が破壊されたような衝撃の後、突き刺されたような激痛に息ができず、
このまま死ぬのか、と思うような痛さ」
 
「焼け火箸で胸をえぐられるような痛さ」

 
などと表現しています。
 
また、胸部以外に痛みや凝ったような感じで症状がくる場合もあります。
 
・肩や背中が、強く凝ったように思える感じで痛くなる
・歯が、浮くような感じで痛む
・背中から左肩、腕、手にかけて痛む
・みぞおち、あごや頭部にかけて痛む

 
そして、多くは「冷や汗」や「吐き気」をともないます
 
 

コワい! 痛みが、ほとんど無い心筋梗塞も

以上、心筋梗塞時の痛みについて書きましたが、

コワいのは、
痛みが、ほとんど、あるいは全く無い心筋梗塞もあること。

 
心電図に異常が出ているので心筋梗塞とわかっても、
当人は痛みが無かったという例もあるというのです。
 
痛みが出ないので、
かえって重篤になるまで放置される危険があります。

 
 

そんな危険からあなたの身を守るには、いまのところ、
心電図検診しかありません。
 
 
すくなくとも40代に入ったら、
 
できれば年2回の定期的な検診で心電図をたしかめ
(最低限、公共機関で無料で受けられる年1回の検診は必ず受けましょう)
 
もし、異常が認められたら、
事情の許すかぎり早く、医療機関で治療を受けましょう。
 
心筋梗塞は、命にかかわる病気です。