Pocket




 
 
 

ジカ熱 性交渉や輸血に注意
ジカ熱 性交渉や輸血に注意

ジカ熱「流行地域から帰国後、性行為に注意する期間」半年に延長

ジカ熱のガイドラインの、
流行地域から帰国後2か月間だった「性行為に注意する期間」が、半年間に延長されました。
 
 
厚生労働省は、ジカ熱感染拡大を防ぐために、
これまで

 
流行地域から帰国した男女は、症状があってもなくても、
・最低8週間、性行為を控える

あるいは、
・避妊具を使用する
 
ことを推奨してきました。
 
 

しかし、9月にWHO(世界保健機関)が見直したことを受け、
日本でも注意する期間を「最低6カ月」に延長したのです。
 
 

ジカ熱|国内での感染者が9人に

中南米の流行地域から帰国した男性の陽性が確定し、

2016年2月の流行以降、9月26日現在、国内でのジカ熱感染者は9人になっています。
 
 

なってからでは、とり返しがつきません

*2016年9月現在は国内ジカ熱感染者は9人になっています
 
小頭症児出産のリスクを増やさないためにも、
これからも万全の注意をしていきたいものです。
 
 
なってからでは、とり返しがつかないのですから。

byFNN2016、9、26、ANN

 
 

・スポンサーリンク