Pocket

スポンサーリンク




大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)
大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)

大阪国際がんセンター、ドコモと「がん患者向け個別情報配信」

大阪国際がんセンター(地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪国際がんセンター)とドコモ(株式会社NTTドコモ)は、


がんに罹患された方の不安を軽くし、主体的、冷静に治療に向きあえるよう、
スマートフォン向けアプリケーション*を通じた情報配信サービス提供にむけて、2017 年 12 月 20 日(水)より実証実験を始めた。


今回、対象となるのは「新たに肺がんと診断された方」で、


「病院が、患者ひとりひとりに病状や治療段階に応じて個別に情報配信が行えるサービス」の実証実験だという。


スポンサーリンク




「個別情報配信サービス」なぜ必要?

新たにがんと診断された患者の多くは、そのショックから医師の説明を十分に理解できないことが多いといいます。


その結果、
不安が大きくなって、わらにもすがりたい思いから、インターネットを介した信頼性の低い情報に頼ったり、誤解を招く事態も発生しているそうです。



そのような現在の情報環境から患者を守るために、
「個別情報配信サービス」の必要性がある
と考えたようです。


適切なタイミング、くりかえし参照で安心納得

今回の実験では、


病院での医師から患者に対する説明の前後で補完的なラーニングコンテンツ**を提供できる環境を病院側に整え、患者の病状に合わせた情報配信をスマートフォンアプリで行います。


この実証実験は、


このアプリケーションを利用する患者が、
医師から信頼できる情報を適切なタイミングで受け取り、
くりかえし参照することで安心・納得して治療に向きあえるような支援サービス
となりうるか、


また医療従事者が患者ごとに
異なる悩み・不安に対し患者に寄り添ううえでのサポートツールとなりうるか
等を検証。


実験中は外部のアライアンス企業とのパートナー提携を視野に入れ、提供コンテンツの充実をはかり、
患者およびそのご家族への各種支援を検討していくそうです。

2018年夏以降の実用化をめざして

本サービスは2018年夏以降の実用化を見すえて、実験内容を
もとにアプリケーションの利便性向上を進める
という。


なお本実証実験は、
患者に寄り添いながらがんのストレスを軽減することをめざし、
・生活環境の改善
・治療による心身の変化へのケアなど

各種取り組を先進的に行っている「大阪国際がんセンター」が実施し、


・大阪国際がんセンターは今回の実証実験におけるフィールド提供
・ドコモは本実証実験で利用する医療機関向けシステムおよび患者様向けアプリケーションの開発、配信コンテンツの提供

することで、相互に連携し取り組んでいくそうです。



実証実験における対象機種は Android スマートフォンに限って実施。
** ラーニングコンテンツは(株)メドレーおよび認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構より提供を受けて配信をしています。


MEDLEY(メドレー)とは
MEDLEYは、1,400以上の病気情報のほか、3万医薬品、16万医療機関の情報など、さまざまな情報を集約するオンライン医療事典。
500人を超える医師の協力で、最新の情報への改訂を日々行っている。
さらに、専門の編集チームが最新の医学ニュースや病気、薬に関するコラムを執筆するなど、
医療に関する最新情報を多方面から提供している。



大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)

●大阪国際がんセンター
大阪国際がんセンター:アクセス




引用:「実証実験の詳細」
https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics/topics_171219_00.pdf

スポンサーリンク