iPS細胞を大量培養新装置の開発に成功、重い心不全臨床研究へ|慶応大学

慶応大学福田恵一教授 心臓
慶応大学 福田恵一教授
Pocket

[cc id=2826 title=”広告コード”]

慶大 iPS細胞大量培養の新装置の開発に成功

ips細胞大量培養のイメージ 慶応大学

ips細胞大量培養のイメージ 慶応大学


[br num=”1″][br num=”1″]
慶応大学の研究グループは、
iPS細胞を大量に培養できる新しい装置の開発に成功しました。
[br num=”1″][br num=”1″]

[cc id=2826 title=”広告コード”]

培養途中で細胞塊一部が別細胞に変化する課題をクリア

iPS細胞は、体のさまざまな細胞や組織を作り出して病気を治療する再生医療に応用できますが、
そのためには、大量培養の必要があります。
[br num=”1″][br num=”1″]
しかし、これまでは、
培養の途中で細胞の塊の一部が別の細胞に変化してしまうという課題がありました。
[br num=”1″]
今回、慶応大学の福田恵一教授らの研究グループは、
その課題を解決
しました。
[br num=”1″][br num=”1″]

縦およそ20センチ、横30センチの薄いプレートを重ね、iPS細胞を平面的に培養する新たな培養装置を開発。
[br num=”1″]
この装置は、二酸化炭素の濃度が、細胞が最も活発に増えるおよそ5%に自動的に保つ機能も備えていて、一度におよそ10億個のiPS細胞を作ることができるというもの。
[br num=”1″][br num=”1″]

大量に培養できるこの方法が、再生医療の産業化に道ひらく

慶大研究グループは、
[br num=”1″]
この装置で、5000万個ほどの心臓の筋肉の細胞を作りだし、重い心不全の患者に移植して心臓の機能を回復させる臨床研究を、
[br num=”1″]
早ければ来年にも実施したい
としています。
[br num=”1″][br num=”1″]

慶応大学福田恵一教授

慶応大学 福田恵一教授


福田教授談:
「心臓など、大きな臓器の治療にはよりたくさんのiPS細胞が必要だ。大量に培養できるこの方法は再生医療の産業化にもつながる」

[br num=”1″][br num=”1″]参照:jiji.comほか

慶応大学病院

慶応大学病院
●外来
●アクセス(交通案内)
*外来は原則予約制。
予約なしに行っても、当日受診できません。

*紹介状(診療情報提供書)がない場合、「選定療養費(5,400円)」が必要です。
[br num=”1″][br num=”1″]

慶応病院で実施中の臨床研究・治験について知りたい方

慶応病院で実施中の臨床研究・治験については

「慶応義塾大学病院臨床研究推進センター」サイトで情報公開しています。

[br num=”1″]

[cc id=2826 title=”広告コード”]
[br num=”1″]

READ  「めまい」「動悸」「息切れ」、心房細動は死に至ることも!

コメント

  1. Ashely より:

    . If you check this choice, the software application will append your keyword phrases (the key words from the Data” tab) to the search question.

タイトルとURLをコピーしました