【新型コロナ症状】見分けかた
Pocket

世界中に猛威を振るってる【新型コロナ】
「風邪に似た症状がでる」といわれています。
でも、もし、あなたが風邪に似た症状になったとき、
・自分の症状が【新型コロナ】なのか、それともただの風邪なのか?
どうやって見分ければいいのか迷いませんか?
【新型コロナ】の症状、調べました。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

[新型コロナウイルス] の症状、2パターン

[新型コロナウイルス] の症状は、大きく2つのパターンに分けられます。
どちらも【風邪に似た症状】がでますが、【鼻水やくしゃみはほとんど、でない!】そうです
鼻水がでたら、すくなくとも【新型コロナウイルス】じゃない可能性が高いのかも。

【新型コロナウイルス】症状パターン1

風邪症状が1週間ぐらい続いて、そのまま軽快する。
新型コロナウイルスにかかった大半の人が、この経過をたどります。

新型コロナウイルスといっても、かかった人の多くは重症に至らず、「ふつうの風邪」の症状ですむそうです。
ただ、「ふつうの風邪」は2、3日でなおりますが、新型コロナウイルスだと長びくのが特徴です。

【新型コロナウイルス】症状パターン2

風邪症状が1週間ぐらいつづいたあとで、倦怠(けんたい)感と息苦しさが出てきます。
ひどい頭痛、体のむくみ、下痢が重なる人もいるそう。

高齢者や基礎疾患のある方は、パターン2の経過をたどる人が多いそうです。
ただし、健康な壮年層にも見られることがあります。

けれども、この経過を子どもがたどることは、きわめてまれみたいです。

その他の症状

・匂いを感じない
コーヒーやみそ汁などの香りを感じないことで感染に気付く例が多いそう。
発熱からはじまり、その後は空ぜきの症状があらわれます。
1週間後には、息ぎれの症状があらわれ、中には病院での治療が必要な人もでてきます。

【新型コロナウイルス潜伏期間】

発症するまでの潜伏期間5日ほど。重症化はさらに10日後。
感染してから発症するまでの潜伏期間は5日(1~11日)ぐらい。
入院が必要になるほど重症化するのは、さらに10日(9.1~12.5日)たったころだとみられています。

【新型コロナウイルス感染力が強い期間は発症から3~4日目ぐらい。重症化すると感染力がつ強い期間長びく
感染力が強いのは、発症から3~4日目ぐらいだと考えられていますが、重症化すると長びき、感染力も維持されて院内感染をひきおこしやすくなります

新型コロナ症状:体験者の症状は…

志村けんさん(70歳) 日本のタレント 

志村けんさん 新型コロナで逝く
志村けん 新型コロナで逝く

3月29日逝去。
3月17日に倦怠感を訴えて自宅で静養。19日に発熱と呼吸困難の症状が出はじめたため、20日に訪問診察を受けたところ重度の肺炎と診断され、都内の病院に緊急入院。23日に陽性と判明したため治療を受けていました。

志村けんさんの症状:倦怠感。その後発熱、呼吸困難、死亡

ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモの弟クリス氏(49歳)

ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモの弟でCNNキャスターのクリス氏
ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモの弟でCNNキャスターのクリス氏

感染しているものの症状は軽い。

クリス氏の症状:発熱、寒気、息切れ

イギリスのマット・ハンコック保健相(41歳)

マット・ハンコック英国保健相
マット・ハンコック英国保健相 のどにガラスが刺さったよう

7日間の自主隔離を終え回復。

ハンコック保健相の症状:まるで喉にガラスが刺さっているみたいだった。

元スペイン代表GKペペ・レイナさん(37歳)

元スペイン代表GKペペ・レイナさん(37歳)
元スペイン代表GKペペ・レイナさん(37歳)

(本名:ホセ・マヌエル・レイナ・パエス)
自宅隔離のため正確な検査は行わなかったものの、症状から医師の診断は新型コロナに感染とされた。
現在は、ほぼ回復。家庭内で自主隔離。

ぺぺさんの症状:発熱、乾いた咳、経験したことがないような頭痛、疲労感。
その後、のどが狭くなって空気が入ってこなくなったみたいに、25分間くらい、ほとんど息ができなくなった。死の恐怖を感じたという。

キャレン・マナリングさん(39)

カレン・マナリングさん(39)
カレン・マナリングさん(39)妊娠中新型コロナに

イギリスの南東部ケント在住
4人目の子どもを妊娠中で、現在6カ月目。3月第2週に症状がでた。
本人が死の恐怖を感じ、家族もキャレンさんの死を覚悟しかけたが、現在、生命の危機を脱し、自宅で自主隔離。キャレンさんは家族とは別室で過ごしている。
体調は持ち直したが、空ぜきがつづいていて、治るには数カ月かかるかもしれないという。

キャレンさんの症状:しつこいせきと熱。はげしい呼吸困難で死を覚悟したときも。

参照・引用:NIKKEI、FNNほか

READ  IMD(侵襲性髄膜炎菌感染症)で、防衛大・男子学生死亡!|横須賀