大腸がん(結腸がん・直腸がん)検査の仕方
Pocket

40歳前後のかたなら「便潜血反応検査」を受けるよう、医師にすすめられたことがあるかもしれません。
それは、大腸がんになるのひとの数は40歳代から増えはじめるからです。

40歳代からのこの増加は、50歳代で加速し、その後高齢になるほど高くなっていきます。

大腸がんは手遅れでなければ、治せる

大腸がんと新たに診断される人は、1年間に10万人あたり103人
大腸がんの発生率は増加傾向にあり、
がんによる死亡数でも胃がんを抜いて第二位になりました。

男性はおよそ11人にひとり、女性はおよそ14人にひとりが、
一生のうちに大腸がんと診断されています。

しかし、大腸がんは、早期に見つければ治せるがんです。
早期に適切な治療を受ければ「必ず治る、治せる」病気です。
がんの治療では「手遅れ」にならないことがとても大切です。

広告【自宅でできる人間ドック「おうちでドック」

大腸がん発生率
大腸がん発生率 byここカラダ

 

便検査の結果でわかること

便検査の結果でわかるのは、がんのあるなしです。

便検査、正確には「便潜血反応検査」は、いわゆる検便です。

便の中に血液が混じっていないかを調べ、
大腸がんの可能性があるかないか、ふるいわけをします。

食道から肛門までの間に異常が有るか無いか、
また、どの程度なのかを推定するためのものです。

 

大腸がんの多くは大腸(下部消化管)の出血をともなうので、便に血液がまじります。
なので、この検査では便中に血液がまじっていないかしらべ、

ここでもし、便に血液が混じっていれば、大腸がんが疑われるのです。

 

「便検査」毎年1回は受けたい

便検査は、毎年1回以上、年2回受けるのがおすすめです。

たった一度の便潜血反応検査で「マイナス(陰性)」でも、
安心というわけではないのです。

「がんなら常に陽性」と出ますが、
がんになる可能性のある「潰瘍」のばあい、陽性だったり陰性だったり、と、くり返す傾向があるのです。

なので、潜血が陰性なのは、
「がんではない可能性が高い状態」にすぎません。

そういうわけで、
「便潜血反応検査」は、
最低毎年、
できれば、半年ごとに受けることがおすすめなのです。

もちろん、
「便の潜血反応が陽性」とでたら、すぐに精密検査を受けて、

がんなのか、ほかの原因での潜血反応か、かならずたしかめてもらいましょう。

 

「便検査(便潜血反応検査)」の費用

「便検査(便潜血反応検査)」は自治体などから補助が出る場合も多いので、無料で受けられることも多いようです。

健康診断を実施する機関でも行っていて、補助が出ない場合でも1,000~2,000円くらいで受けられます。

 

「便潜血反応検査」やりかた

「便潜血反応検査」は、1日分、または2日分の便を自分自身で採取して提出し検査してもらいます。

 

便採取時の注意点

・食事などに注意する必要はありません。

・痔のある場合は、便は後のほう、中の便を採取しましょう。
てっきり痔だとおもっていたら、直腸がんだった、ということもあります。

 

便潜血反応が陽性になる病気

以下は、便の潜血反応が陽性になる病気です。

・食道:静脈瘤、食道潰瘍、食道がん
・胃:胃潰瘍、胃がん、出血性胃炎
・十二指腸:潰瘍
・小腸:潰瘍、クローン病、肉腫
・大腸:大腸がん、ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病、憩室炎
・肛門:痔核、痔瘻

以上の中でも、
とくに大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎など、大腸の病気が多くみつかっています。

便の潜血反応がもし陽性だったときは
医師と相談して、

・大腸内視鏡検査
・大腸ファイバースコープ
・注腸造影
・大腸カプセル内視鏡

などでの検査を受けましょう。

その結果、大腸に出血源がないたしかめられたときは、胃・十二指腸の検査をします。

 

「便検査(便潜血反応検査)」はしたくないという方は…

便検査(便潜血反応検査)」はしたくない、めんどうだというかたは、
直接「大腸内視鏡検査」「カプセル内視鏡検査」をすることもできます。

大腸内視鏡検査

「大腸内視鏡検査」では、
内視鏡を肛門から挿入して、直腸から盲腸までの大腸全体をくわしく調べます。

そのときポリープ(粘膜からつきでた腫瘍・しゅよう)などの病変が発見されたら、

その場ですぐに、病変全体、あるいは一部の組織を採取して病理診断ができるのが、
なんといっても大腸内視鏡検査のすばらしいところです。

 

大腸内視鏡検査の費用

大腸内視鏡検査費用   保険適用で 6,000~16,000円くらい
保険適用外なら2~3万円くらい

 

カプセル内視鏡

カプセル内視鏡は、
超小型カメラを備えた1cm前後の小型カプセルを飲み込み、消化管の内部を観察するものです。


*マ自走式ではありません。
自走式については、「研究協力者(健常者)を募集」の項をごらんください。

カプセル内視鏡には、小腸用と大腸用があります。
2007年に小腸用が、2014年に大腸用が保険適用になりました。

 

カプセル内視鏡検査費用

カプセル内視鏡検査費用は、
検査・診断料が 17,000 円にカプセル内視鏡機器代約80,000円の合計で、保険診療 3 割負担の方で約32,000ほどの自己負担。

つまり、大腸内視鏡検査のほぼ2倍です。

また、保険適用となるには条件があり、
・通常の大腸内視鏡検査を行ったが、腸管ゆ着などにより最深部まで内視鏡が挿入できず、大腸全体を観察できなかった人
・腹部の手術歴があるなど内視鏡の挿入が困難と判断された人

これ以外の方は自費になるようです。
医療機関・医師にご確認ください。

 

 

大腸内視鏡検査とカプセル内視鏡検査、どっちがいい?

大腸内視鏡検査とカプセル内視鏡検査を比べると、

値段のちがいのほか、
もしポリープなどが見つかったときは、大腸内視鏡検査ならその場ですぐに除去できます。

しかし、カプセル内視鏡検査だと、あらためて大腸内視鏡などで除去しなくてはなりません。

いっぽう、カプセル内視鏡検査は、
胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査を受けても、原因がわからない消化管出血や貧血があるときや、
食道、胃、十二指腸、大腸、直腸には何も問題ないが出血する場合などに、おすすめです。

ご自分がどちらを選ぶべきか、医師に相談しましょう。

なお、カプセル内視鏡検査は、地域によっては扱う医療機関がかぎられています。

*ポリープとは:胃腸や鼻などの粘膜から突き出た腫瘍(しゅよう)のこと。

 

 

関連医療機関

カプセル内視鏡検査を実施している病院|病院なび

 

 

研究協力者(健常者)を募集しています

自走式カプセル内視鏡 臨床研究協力 健常者募集
大阪医科大学附属病院 消化器内科 自走式カプセル内視鏡臨床

【参照・引用】
病院なびhttps://byoinnavi.jp/g15
日本健康増進財団恵比寿検診センター
国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス

 

 

【広告】「健康・医療機関ストック」では「賢威」を使っています

「健康・医療機関ストック」では、テンプレに「賢威」を使っています

大ロングセラーSEOテンプレート【賢威】

「健康・医療機関ストック」を公開しているひとまが賢威を使いつづけているわけは、

賢威には3つのビッグな無料があるから

1、賢威は1度購入すると、その後何回バージョンアップしても、購入者本人のブログ用なら常に新たなバージョンアップテンプレを無料で使えます。

2、購入者本人のブログ用なら、いくつでも無料で適用できます。

3、賢威を使っていてわからないことがあっても「初心者フォーラム」で質問すれば無料で解決できます。

以上は、2019年現在無期限で提供されています。